Studio16

記事一覧(16)

夏こそタフなバッテリーを。

ご覧いただきありがとうございます。オンラインショップ、裏側にいるひとです。夏はバッテリー上がりの季節。一般にバッテリーは温度変化に弱く、温度が下がるとバッテリーの性能は低下します。つまり、自動車のバッテリーにとって、冬は非常に厳しい季節でした。

しかし、現在は冬期よりも梅雨から夏にかけてがバッテリーには厳しい季節になっています。温度が高くバッテリー性能も十分に発揮されているはずの季節に、なぜバッテリーへの負担が大きくなるのでしょうか?自動車のバッテリーには容量があるため、使い続けるためには常に充電を行わなければなりません。

その充電を行う装置が、オルタネーター(ACジェネレーター、ダイナモとも呼ばれます)です。オルタネーターは、エンジンの回転を利用して駆動される装置なので、正常なら必要量の電気を発電し、余ればバッテリーに充電します。

しかし、オルタネーターが十分な発電をできるのは、エンジンが一定回転以上で動いている場合です。アイドリング領域の回転数では、発電機能は十分に発揮されません。

そんな状態で大量に電気を使えば、充電が足りず、バッテリー上がりの原因となります。